足駄をはいて首ったけ

PCゲームとか野球とか、そんな日常

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

すきま桜とうその都会 感想

すきま

久しぶりのプレイ感想は、propellerの『すきま桜とうその都会』です。

propellerの作品は初めてで、OPの雰囲気と妹ゲーということで購入を決めたこのゲームでしたが、蓋を開けてみると、何とも不可思議な作品でした。


※感想はネタバレです





【シナリオ】
プレイ後に各ルートのあらすじを自分の中でまとめてみると、別段大した起伏のある話にはなりません。
でもプレイ中は、その思わせぶりな文章から、どんな壮大な話が展開されるのだろうか、と気になって文章を読み進めてしまう、そんな文章。
中身そのものは厨二病フルスロットルな設定で、最後までそんなお話なのですが、不思議と「そこら辺に転がってるエロゲ」とは違うものを感じる文体と、キャラクターと演出。
この辺りが支持を得ている部分なのかなと思いますが、これはしかし万人に薦められる感じでもない。

そんな感じの不思議なゲームでした。

このゲーム程(性癖意外で)『体験版やって相性を確かめてみて!』と言いたくなるゲームは無かったですね。

自分はというと。
ちょこルートで(ノ´∀`*)となりまして、鈴ルートの終盤は( ゚д゚)としてました

特にちょこルートは良かったですね。騒々しさとシリアスのギャップは。いつもは煩いちょこが夜には物思いにふけるようにシリアスな表情を見せている・・・まあ現実に居たらことほど面倒な人間でしょうけど、端から見ている文には好きです。

そして鈴ルートに関しては、

これはちょっと


このCGのくだりはいらない派です。

安易な再会ダメゼッタイ。



【CG】
複数原画にありがちなんでしょけど、良いのと悪いのの差が激しいですね。

特にこれは、

ダレ


( ゚д゚)誰?

いや、この彩花さんめっちゃ綺麗だから良いんですけど。でもそしたら立ち絵が不遇すぎる・・・。



【音楽】
全体的にレベル高いですね。
メーカーさんの実力の高さが出てると思います。
ゲーム全体を思わせぶりにしてるのは、勿論文体の力もありましょうが、それ以上に大きいのは音楽の力でしょう。
時折、場面にそぐわない壮大な音楽が流れて(ノ∀`)というシーンもありましたけど、基本的には上手く効果的に使われていたと思います。

私がピアノとアコギの曲が好きってもありますが、このサントラはとても耳に心地良いですね。


【システム】
こっちは一揃いあるものの、痒いところに手が届かないシステム。
Q.SAVE・LOADが無かったり、システムに入るといちいちBGMが切れたり、決定を押さないと変更が反映されなかったり・・・等々。
全体が軽いのは良いですけど、ちょっと物足りなかったです。


【Hシーン】
咲良×3、花珠×3、ちょこ×3、鈴×2
咲良は直接的なエロエロでしたが、ちょこの方はシチュエーション的なエロスがありましたね。花珠はおっぱい攻撃で、鈴は安定のロリ枠。
そう考えるとバランス取れてますね。
某空間的に言うなら「そこそこ使えた」エロでございました。



【総評】
ともかく言いたいことは相性第一。
それさえクリアできれば楽しいゲームになると思います。

久々にエロゲっぽいあまり万人受けしそうにないゲームをやった、いい感触でした。
こういう作品があるからエロゲもやめられないんですよね。

あ、ちょこはあのヒーローマフラーさえなければ結構完璧だったんだけどなぁ・・・。



スポンサーサイト

| ゲームの感想 | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ashidawohaitekubi.blog.fc2.com/tb.php/105-96e53b81

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。