足駄をはいて首ったけ

PCゲームとか野球とか、そんな日常

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2011/10/16 すみからすみまで阿澄佳奈 in SFC秋祭

ということで、『すみからすみまで阿澄佳奈 in SFC秋祭』に参加してきました。

けいおう

場所は慶応大学の湘南藤沢キャンパス
今回はボッチ参加でしたが、いや、学祭の中に一人で入るのは辛いですね(;´Д`)

まあそれでもアスミスのトークショーとなれば厭わないのですが。



※あくまでも私個人が覚えている限りですので、内容が一字一句正確でないことはご承知下さい。





【覚えている限りのざっとした流れ】

・スタイルはアスミス+MCの学生(女性)という形で進行


・オープニング、アスミス登場で軽く世間話
初めて呼んだのは卒業生でもある松来さんだった、という話に驚いた。
「松来さんが卒業生・・・だと!?慶應卒業なのかスゲー!」と思ったのは少数派だったようで、会場内はそのネタ待ってましたー!的なノリでした。

・コーナー1「失敗談を阿澄さんに聞いてもらおう」
という公開処刑コーナー。「バンドでライブをしたら3人しか来なかった」という話に対して「私も経験したことあって、どう演者にリアクションしていいか迷った」というのが印象的で

・コーナー2「阿澄さん聞いてみたいこと」
サイコロで『テーマ』と『キャラ』を決めてトーク(2分間)
『声優という仕事をする上で心がけていること』を『園児に言い聞かせるように』
『ラジオでやってみたい企画』を『舞妓さん風に』
とやって、最後に会場&司会の無茶振りが発動し
『ペットボトルの一発芸』を『酔っ払い風に』
星空ひなたぼっこでやっていたペットボトル芸を生で見れるとはw

・コーナ-3「ロミオとジュリエット朗読」
ロミオとジュリエットの一節を朗読。
一発芸を無茶振りした直後だったので、読み始める前はちょっと空気が変だったものの、始まったら空気が一変。表現豊かに読み上げる姿と声に聞き入ってしまいました。
朗読後は「とりあえず噛まないで良かった」

・コーナー4「あすみかなであいうえお作文」
事前に応募した「あすみかな」で作成したあいうえを作文を、何故か一節毎にバラしてランダムに引き、ひとつの作文を作りました。
が、これは元の文のチョイスに統一性が無く、阿澄さんも言ってましたが「とっちらかったので次ー」という感じ。
その後に原文や、他の面白い作品が紹介されました。
二文字目に「いぐちゆか」を組み込んだ作文が紹介されたときは会場がどよめき&拍手喝采。
今回のベストメールではないでしょうか。
そして最後にまたもや作文の無茶振りをされて、即興で作成→とっちらかしてしまうアスミス。恥ずかしがる顔がまた可愛いのですよ(←キモイ)


・コーナー5「プレゼント抽選会」
サイン色紙5枚でした。
席は大体400位?で95%は埋まっていた・・・にも関わらず抽選会では人の居ない席を5回当てるというミラクル(元々ありえない席番号も含まれていたようですが)
そして最後にアスミスが中華街で買ったという『ラーメンキャラメル』が抽選。こちらはサイン無しで本人も「ネタとして買ってきた」
あと抽選で運営側がグダっていると、すかさずトークや服装紹介で場を繋げる辺りに凄さを感じた。

・エンディング、アスミス退場
ここまでおよそ1時間15分程のトークショーでした



声優さん単体のトークショーというのは珍しい形でそこは正に学祭ならでは。
講堂とかだと段差がついていて、後ろの方でもちゃんと本人が見えるのが良いですね。

久しぶりにご尊顔を拝見しましたが、やっぱり写真とかで見るよりも細いし、ふわっとした服装でも分かるようなスタイルの良さでした。
これでもっと細い人やスタイルの良い人がいるというのだから、タレント業は本当に大変そうですね。

運営側は、最初は客席側からも緊張しているのが伝わるくらいで、アスミスが出てきてわざと軽いことを言って場の緊張感を和ませていたように見えました。
全体的に学生側の企画に乗っかり、必要があればフォローする感じで、進行の不慣れさよりもアスミスのフォローの上手さの方に感心してしまいました。
ただ進行上の細かいミスはあったものの、全体的にはそこそこスムーズに進行できていたと思います。
学生さん達にしては・・・と付けていいのかは参加経験が少ないので悩むところですが。

・・・と上から目線で申してしまいましたが、1500円でアスミスのトークショーが聞けるのは学生さんたちの努力のおかげです。

本当にありがとうございました&お疲れさまでした。


スポンサーサイト

| イベントの感想 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ashidawohaitekubi.blog.fc2.com/tb.php/115-b7304c30

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。