足駄をはいて首ったけ

PCゲームとか野球とか、そんな日常

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

『らぶらぼ ~調教なんて興味のなかった俺と彼女の放課後SMラボラトリー~』 プレイ感想

らぶらぼタイトル1.01b

[原画] 本庄マサト
[シナリオ] 神堂劾/駒井半次郎
[ディレクタ] 三ツ矢新
[ブランド] bolero
[プレイ時間] 約25時間(CGコンプ率90%)
[発売日] 2012/06/29

サブタイトルが異様に長いこのゲーム。原画と塗りが自分の好みどストライクだったので購入しました。
初期状態だとバグが多いみたいですが、現時点で出てる1.01bのパッチをあてるとそれなりに減少します(それでも結構残ってますが)。
そういった粗は多いので、それが気になる方はしばらく様子見が無難だと思います。
個人的抜きゲーとしてみたら文句なしで楽しめてます。

※ネタバレです





▼シナリオ
攻略キャラ3人とサブの2人のルートがありました。
シナリオ単品としてみたら突っ込みどころは多数で、複数ライターさんのせいかルートによって主人公の性格が違う・・・というお馴染みの現象もありましたけど、でも本編であるところの調教のヤルやる気を削ぐ程のお話ではなかったので、そのラインはクリアしている印象です。

それよりもお気に入りだった小日向のシナリオが薄かったのがなぁ・・・なんでかなぁ・・・確かに一人だけお嬢様じゃなくて話は作りにくかったとは思いますけど、もっとひな太郎と日常シーンでイチャイチャしたかったー!比良坂みたく夜の公園でのいじらしいトークとか聞きたかったー! です(´・ω・`)


▼攻略情報
メインの中でユウリ・かなめは楽にルートに入れたのですが、ひなただけ苦労しましたので一応。
結局、最初のお仕置き調教を出すのを前提に考えてたのがいけなかったようで、それを諦めて最初から体力の限界まで調教しまくりました。
で、信頼が30(?)を超えると調教5日目の前半に「牝奴隷の事情」というイベントが発生するので、あとはそのまま調教を進めれば連続でひなたイベントが発生してエンディングまで行けます。

メイン3人のエンディングはそれぞれ2つあって、信頼度が多いとキャラエンド(TRUEエンド?)、少ないと調教エンドになるみたいです。
ただルートに入るくらいに重点的に進めてれば、自然と信頼が100になってキャラエンドになるので、逆に調教エンドに行くほうが大変でした。


▼調教パート
思ったより多種多様な調教がありました。ハードなものは少なかったですが、赤ちゃんプレイやハケ水車があるのには笑いました。ハケ水車って・・・ゲームでも初めてだよ。

全員に欲しかった調教:キス、奉仕コマンド
お気に入り特殊調教:ひなた特殊パンストプレイ、ユウリ裸コート散歩、かなめ猫耳全身奉仕
お気に入り調教:ひなた口で奉仕・媚薬コマンド、

羅列してみたら性癖が丸わかりですね・・・
ここら辺は追加アペンド要望ができるみたいなのでアンケに書く予定です。何か物凄い変態アンケになりそう・・・。


▼システム
(バグや誤植の問題はとりあえず横に置いとくとして)調教をして各ステータスを上げていくというシステムは良いと思うのですが、種類と進度によってヒロインの態度に差が出てしまうのはちょっと微妙。

例えば特定の調教を放置してステータスが上がったあとに選ぶと、いきなりレベルの高い状態でシーンが見れてしまったり、さっきまでノリノリでやってたくせに別の初歩的なものに拒否反応を示したり・・・。はたまた今日はお休みにも関わらず「今日の調教終了後…」みたいな会話イベントが発生したり、等々。

でも逆にフェラのあとのキスで特定台詞に発展する細やかさには感心しましたし、この綿密さを全体に持ってこれれば文句なしの良ゲー!と言えたと思います。

ただ考えただけで凄く時間がかかりそうな作業ですし、その整合性ために調教のシチュエーションや中身を削るのは何だが本末転倒な気もします。

そんなわけで気持ちとしてはまあ仕方な無いのかなぁ、エロは正義だしまあいいか、くらいの気持ちでいます。

あとブラウザのサイズを自由に変更できるのが好きです。
思わず↓みたいに上下に黒ラインがですようにサイズ調整してしまいました。

らぶらぼかなめ

黒ラインって何だか、より「怪しいこと」をしている感が出ると思いませんか?


▼絵・音
調教なんて興味のなかった俺が絵に引き寄せられてホイホイとプレイしたゲームがこちらになります。

ひなたさんナイス

この絵柄からこんな事言われたら…ねえ?w

いやでも真面目な話、絵は可愛いし淡めの水彩っぽい塗りは好みだしモザイクも薄めでグッド。
普段抜きゲーは買わないタイプなのでオーバーに表現してると思いますが、やっていてこれは紛うことなき「エロ」ゲーだな、と思いました。

声は台詞によって音量バランスがイマイチだったのがマイナスで、BGMは無音の時間が長かったり使い所を間違ってるよね?と言いたくなるようなシーンがちょいちょいあって、こっちもマイナス。単品で見たら調教シーンの「怪しいことしてる感」のあるBGMが雰囲気出ていて好きなんですけど、やっぱりここでも全体で見た時のバランスがイマイチでした。




ということでまだフルコンプしたわけではないですが、一通りの感想でした。
このゲームの評価は、全体的な完成度不足をエロ要素がどれだけカバーできてるかというところで変わってくると思います。エロは文句なしに良い、でもそれだけじゃ物足りないんだ!となるか、別に最終的に抜き目的になるだからそこがいいなら良いじゃん、となるなか・・・。
ネットとかの評価を見てるとそんなことを思います。

私の中でも最初はある程度の「筋の通った話」になることを少し期待してたのですが、感想に書いたようなことを考えて、最終的には「様々な調教シチュエーションを楽しむゲーム」として落ち着いています。
まだ新規メーカーの一作目だからという部分も加味してますが、次が楽しみになる出来であったことは間違いありません。

・・・にしても、こういうゲームで気に入ったキャラやシチュエーションが出来るっていうのは強いですね。
ひな太郎のパンストプレイには何度お世話になったことやら・・・w

そんなわけでこれからもしばらくお世話になると思います。あと追加アペンドがきたらまた記事を書こうと思います。

スポンサーサイト

| ゲームの感想 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ashidawohaitekubi.blog.fc2.com/tb.php/198-fef5118c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。