足駄をはいて首ったけ

PCゲームとか野球とか、そんな日常

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

B.G.M Festival Vol.01 振り返り(9/23)

ということで、9/22の振り返りからの続きです。
9/23の分と最後に思ったことを連々と書き連ねてみました。




▼9/23 5:30~12:00
MIDNIGHT公演後。
予定より早く終わったのと、天気が1日雨みたいだったので一時帰宅することに。
本当は大江戸温泉に行く予定だったけど、物販やリーフレットで荷物が増えてしまったのでそれを置いて行きたかったというのもありました。
家で寝れたのは2時間くらいでした。でも電車と合わせると大分体を休められたと思います。


▼12:00~14:30
グリザイアの果実×リアル謎解き。
内容はまだ言って良いかわからないので省略してますけど、とても楽しかったです。
起きたときは、雨だし諦めてもう少し寝ようかなーと思ったのだけれど、結果的に行って大正解でした。

一つの感想としては、自分は固定観念に囚われすぎてるなぁということ。
ある謎に対して「まさかこうなないだろ」と思って言いもしなかったことが実は正解だったり、他のチームメイトのアイデアを何の根拠もなく「いやいや、それはないでしょ」と試しもせず暗に否定してしまったりと、己の凡庸さを見せつけられる点がいくつもありました。
・・・とまあ、自分に対してはヘコむ感想を抱いてしまいましたが、内容そのものを思ってみると、結果聞いてみれば「何でこんな事が解らなかったんだー!!」と思うことばかりで、無駄な所がない全てが繋がる鮮やかな構成。やっていて楽しいゲームでした。これは社長さんが是非にと思った理由も解ります。

あと嬉しかったこととしては、司会の民安さんとちょいちょいお話できたこと。(4~6人ほどのチームごとに分かれてゲームをしたので、テーブル毎に来てくれていたのです)
これにより2時間睡眠で非常に眠気を抱えていたものの、民安さんと間近でお話できたことにより眠気が覚め、テンションがうなぎ登りになる。単純である。

公演後少しして写真を一枚も取っていなかったことを少し後悔。
ということで会場の雰囲気はこんな感じでした。
(フロントウィング山川社長twitterより)


▼14:30~19:30
PRIMAL開場・開演
リアル謎解きで頭を使ったせいか眠気は特に感じず、というよりむしろ「最後だから」と高いテンションで挑んだ気がします。
今回は一般エリアが混むと分かっていたので、相談して最初からオタ芸ゾーンの端に逃げました。
オタ芸ゾーンもEDGEに比べたら人が多くて暴れ具合も派手でしたけど、それでも他のライブの場合と比べたらそこまでうるさく注意するレベルではないかな、とは思いました。(自分の周辺は、という話ですけど)
やっぱりライブを楽しむためには自分で積極的に努力しないといけないのだろうなぁ、とつくづく思ったり。

個人的なハイライトはFrontWing枠とアリスソフトからkeyへ一連の流れ。
両方とも正に王道という感じで、期待した曲をそのまま期待通りにやってくれた快感が強く、言葉にするな「くるか・・・くるか・・・キタ━(゚∀゚)━!」というのが連発した感じ。
まあEDGEもそうだろといわれればその通りなんですが、失礼を承知で言えば曲のメジャー度合いが違いました。圧倒的な地力の差、惜しみない名曲たちの連発。観客として参加していて楽しかったです。


▼19:30~
電気外祭り開場にて打上げ。
何を言ったかは書かないほうがいいでしょうし、そもそも7割方覚えていません。nbkzさんの言葉は驚くほど残ってますが、それ以外は疲れたなーという単純な疲労感と、もう終わっちゃうのかという残念な気持ちと、ビールまじうめーwwっうぇwwという気持ちがまぜこぜになっていた気がします。相当疲れていたんですね。



そんなわけで振り返り終了ー。
このあとは友人と打上げをして帰宅して睡眠。今現在へと至ります。


そして以下は、今回のフェスに対して思ったことをざっくり書いてみました。
前半に書いた「もちろん細かいことを上げれば色々ありますしキリがありませんが、感想の大部分として何が残っているかといえば「楽しかったです!ありがとう!」に尽きるわけです。」の細かいことの部分です。
思ったことをそのまま書きなぐってるので乱文です。すいません。でも素直に思ったことです。




・物販とライブのこと。自分もしまったと思ったことだけど、物販で物を買うとライブに向けて荷物が多くなってしまうから迷った時に買うのを自重してしまう。
例えば自分の場合、ケロQでCDを買って大きいショッパーとジャケットと同じ柄のポストカードを貰えた。そのサービス自体はありがたかったのだけれど、そのままだとカバンには入らないしポスターはロッカーより大きいので結局折ってしまったのが悔しい。今回公式の一部に預かりサービスがあったけど、あれを拡張してくれると非常にありがたい。
・そもそも買うのを前提にバックのスペース開けてこいよ、とも思うけど、困るのは突発で欲しいものと出会った時で、このときに踏ん切りがつくかどうか、例えば「でも荷物になっちゃうし・・・」「あ、終わるまでウチで預かりますよー!」という流れがあれば、売上に対してもいい効果があるんじゃないかと思います(メーカへのアピール)。
あと貰うの断れよとか、折れ目くらいいいじゃん、と思われるかもしれないけどオタクの気質って往々にしてそんなもんだと思う。

・ゾーンニング。自分はゾーンを移動したりしたけど、客側ももうちと柔軟に考えて動いてもいいんじゃないかと思う。案として出ているゾーン別チケットなんて微妙だと思うし、ライブを楽しむ努力を自分からしたほうがいいと思う。けど初参加の人もいるわけで、自分の始めてのライブは・・・と考えると偉そうなことは言えない。
・それにこの問題本当に難しい。客席その場で改善できれば一番だけど、厳つい人が強面で注意して解決ってのも違う気がするし。一方で前列ではチャージしてたオバイバーもいたみたいで、とりあえずオバイバーの常識を自分たちの庭以外のライブに持ち込むのは厳禁は徹底すべき。主催がbambooさんだからって趣旨を勘違いしてはいけない。
ともかく2000人いれば問題行為する人も行為に対して問題視する人も多くなるのも事実。プロじゃないから具体的なこと言えないけど、迷惑だと思ったら溜め込まないのが一番だと思います。


・ライブセトリ。エロゲ縛りにして欲しい人間としてはアニメタイアップは極力避けて欲しいと思う。Navel枠ののYouとかSpread Wings、key枠のBrave Songとか。物凄く良い曲なのだけれど、やっぱりコンセプト的に考えてゲームタイアップ縛りにして欲しいと凄く思う。ゲームとアニメというのは近いけれどもやっぱり別だと思うから。
・ちなみにNavelには意見送ってみたんだけど叶わず。この点にこだわってる参加者って少なのだろうか(´・ω・`)

・アンコール。EDGEもPRIMALも色々考えてあの曲になったと思うけど、実際「よくわからないよ?」って顔をしていた人も周りでは結構見かけられたし難しいところだと思う。でもテーマ曲を作るってのはやっぱり違う気がするし、いっそBrand-New Heartを毎回やればいいんじゃねというのも違うだろうし。「過去の名曲」を選ぶほど難しいものはない。業界人から見た視点とユーザ側から見た視点は絶対違うし、個人の好みとなると尚更。bambooさんの言っている「ドラフト制」はいっそここに導入したらいいんじゃないかと思う。

・出口の問題。バック要らない人ゲートが欲しい。でもメーカ的には宣伝物として配りたい(実績を作りたり)だろうから、その場で廃棄されるにしろ配りたいのだと思う(雨の中その場に打ち捨てられてる様子を見て悲しい気持ちになった。捨てるなら正しい場所で見えないところにね、ホント)。
あとは廃棄だとゴミ問題もある、「いる人はもらって」という形にすると、最大公約数分を作らなきゃいけないだろうから大量に余る可能性があってそれは避けて欲しい。
・なもんで中身が同じなら3公演行く人は最後(3公演目)に渡すというのでいいと思う。不織布バッグが公演分欲しいという輩が出ると思うけど、一人一枚をアナウンスすれば済むんじゃないかと。

・電気外祭り縁日。人気のあるメーカと凝った事をしているメーカには人が集まった印象。入口付近のボーリングは目を覆いたくなるような感じ。中身は軒並み文化祭レベルだけど、それにどういう付加価値を付けるかがポイントではと思った。偏見かもだけど難易度が難しくても景品が限定的なものだったら人は集まるんじゃないかと。

・このフェスを継続できるか。これが一番心配。ニコ生やステージを見るに今回はどうやらチケットがソールドアウトしたのはMIDNIGHTだけのようで、これで次回会場を大きくするのはまず無理だろうなと思う。じゃあ箱を小さくするというも単純にスケールダウンに見えて嫌だと思うので、まずは全公演ZEPPをSOLDに、が目標になるのではと思う。でも今は続けることで実績を作ることが一番大事だと思うから、箱が小さくなったって驚きもしないしガッカリもしないから利益が出るよう頑張って欲しい。
・余談だけど、こうして思う度に「イベント単独で黒字にして参加会社に損をさない体系を作る」ことの難しさを感じる。しかもそれに「尚且つやりたいことをやって」というのを加えているのだから凄いし、それを実際に行うことを思うと、本当に頭が下がる思い。(それに比べ、自分のやってる仕事のなんと小さい事か・・・)
・だからVol.0の時も今回も「次はないかもしれない」という気持ちで臨んでいる。こっちができることといえば各メーカのゲームを買うことぐらいだし。

・あと今はbambooさんに掛かってる負担が大きすぎるように思う。それによるメリット(趣旨や将来の方向性がはっきりしている、等)もあるけれど、もしある日彼が倒れたらどうすんの?と思うところもある。まあこんなのどこの業界・会社にも言えることだけれども。
最後の打上げでスタッフの一人が抜けることが非常に穴だとbambooさんが言っていたけれども、私は絶対に替えの効かない貴方が、必要なときに抜けてしまう可能性がある事が心配です。本当にお体は大事になされて下さいませ・・・。



そんなわけで、書き始めたら沢山出てきてしまいました(;・∀・)
でもま、ここはネットの端の端で、しかも個人の愚痴レベルでの話ですし、言いたいことはあとで整理して送りたいと思いますので、斜め読みくらいで見ていただければと思います。
あと個人的には、これをネガティブな話としては書いてませんので。
ではでは~。

スポンサーサイト

| イベントの感想 | 00:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ちょっと苦言。

ども。くまごろうです。
んと、今回のBGM、参加した訳じゃないんだけど、状況とか経緯とかは理解してるんですね。で、その上でちょっと苦言。
え~と、オタ芸ゾーンにいた、って記述があったんだけど、それはマズイんじゃないかなと。
っていうのが、オタ芸ゾーンは「オタ芸打つ為のゾーン」であって、そこに打ってない人がいたら、「このゾーン内なら心置きなくオタ芸打っていいよ!」っていう主催者の思惑が潰れてしまうと思うんですよ。
というか、そもそもオタ芸打っていいよ!ってゾーンにいるのに、「あまりうるさくない」とか、それは違うでしょ?オタ芸打つ為のゾーンなんだから、好きにオタ芸打って良いはずで。
この場合、むしろ茶太郎さんの行動が迷惑行為に当たると思うんですけどどうでしょう?
もちろん、しんどいから他に逃げる、って選択肢は間違ってません。けど、行くとしたらまったりゾーンにすべきであって。
ゾーンの配置の関係で、見づらいとかはあるかもだけど、そこは割り切るしかないと思うし、その為のゾーニングなので、そこはちゃんと考えないとだめじゃないかな?って思うんですよ。
ちょっと気になったのでコメントさせて貰いました。
不愉快だったら削除していただいても構いませんので。
願わくば、BGMFesが全ての参加者が楽しめるイベントに育ちますように。

| くまごろう | 2012/09/26 23:30 | URL |

Re: ちょっと苦言。

> くまごろうさん
こんばんは。確かに仰るとおりです。オタ芸ゾーンで一般ゾーンと同じ態度をとっていたら、オタ芸したい方々に迷惑だと思いますし、安易にオタ芸ゾーンは人が少ないと考えていましたので、その点は反省したいと思います。

それで、以下は疑問になるのですが……オタ芸ゾーンの「幅」についての話です。

私もオタ芸ゾーンにいる時はオタ芸を打っていました。ですがそれは全体の1/3か1/4くらいで、それ以外は腕を振ったりの、恐らく一般ゾーンの賑やかな所くらいな動きをしていたと思います。
そういう客はオタ芸ゾーンの人達にとって迷惑になると思いますか?
私は今回、ゾーンの端っこにいることで「ギリギリOKかな?」と考え良しとしたのですが、やはりその考えは改めた方がいいでしょうか。

拙い言葉になりましたが、よろしければご意見をお聞きしたいです。

| 茶太郎 | 2012/09/27 22:53 | URL |

リプ、有り難うございます。

コメント、しっかり読ませて頂きました。で、その上での
個人的な意見、ということでご了承を。

今回のコメントを見る限り、個人的には
 「いいんじゃないかな?」
と思う部分もあります。…が、実際の所、判断の難しい所だと思ってます。

というのも、何をもってオタ芸とするか?って部分ってあいまいだと思うんですよ。ようは、打ってる本人がどう思ってるかと、ソレを見てる人がどう思うか、っていうのは必ずしも一致しない。まぁ、中には見るからにオタ芸としか言いようのない動きをされてる方もいますがw

ポイントは、「周りの打ってる人の動きを阻害するような状況じゃないか?」じゃないかと。

普段、オタ芸打つ人と打たない人が共存しているときに、オタ芸打つ人が迷惑になるのって、一般の人に当たったり、ショーに集中できないレベルで大声を上げたり、ってのがメインだと思うんですね。どうしてもオタ芸ってある程度の動きがある分、密集地には不向きだと思いますので。

で、今回の話だと、実際の状況を目にしている訳じゃないので、確実とは言えないですけど、
 「グレーではあるけど、アウトではない」、
って表現がいいのかな?って気がします。

ただ、そこにプラスして、普段一般的な会場で、得てして悪い方向にとらえられがちなオタ芸勢にしてみたら、できれば気兼ねなく打ちたいでしょうから、普段遠慮して貰ってる分、こちらも遠慮したいとこではあるかな?と個人的には思います。

…なんていうかですね、私的には、喫煙者と喫煙ゾーン、って考えると非常に気持ちが分かってしまうのですよ…(苦笑

と、とりとめも無く長文になってしまいましたが、個人的な見解はこんな所です。

難しく考えず、
 「お互いが気持ちよく過ごせるにはどうしたら?」
って観点で考えるのが良い気もします。その観点で、茶太郎さんがどう思われるか、で判断するのがベストだと思います。

お目汚し、失礼しました。

| くまごろう | 2012/09/29 00:55 | URL |

> くまごろうさん
ご丁寧な返信ありがとうございます。
いろいろな思いが頭を駆け巡ったのですが、うまく言葉になりそうにないので、簡素になりますが。

とりあえず、夢中になりすぎてあまり自分本位にならないようにする事、は念頭に置きたいと思います。今までも多少なりとも意識はしていましたが、ライブそのものに対する慣れで漫然としていましたし、今回の話を機に改めて意識してみようと思います。

あと禁煙ゾーンと喫煙者の例えは、思わず「ああなる程」と唸りました。
私は吸わない人ですが、職場に行くと吸う人が多くいので、例えて考えるとそちらの人の普段愚痴ってる気持ちも少しですが解る気がしました。

変テコな質問にわざわざ答えていただき、ありがとうございました。

| 茶太郎 | 2012/09/29 12:04 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ashidawohaitekubi.blog.fc2.com/tb.php/214-b7a589b0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。