足駄をはいて首ったけ

PCゲームとか野球とか、そんな日常

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ヒミツのオトメ 体験版プレイ感想

ヒミツのオトメ体験版タイトル
[原画] 雨音颯/ヤナギユウ(SD原画)
[シナリオ] きーたん/保桜/科(しな)
[ブランド] ETOILES
[プレイ時間] 約3時間半
[発売日] 2012/10/26 予定
[DLサイズ] 約564MB

「女装学園潜入もの」という自分にとってキラーシチュエーション(こういう言い方するか?)なゲームです。
同じく10月にはそのシチュエーションのゲーム『月に寄りそう乙女の作法』が発売するので、自分自信がウッキウキ過ぎワロタな状態です。

とはいえ「好きなジャンルだから何でもやる」ではなく、好きだからこそ普通の作品より門戸は狭いとは思います。好物なら出来だけ美味しいものを食べたいですし。
そんなわけで、少々厳し目な視線でプレイさせていただきました。

※体験版ネタバレです。




最初の1時間は我慢。
でも次の1時間で持ち直し、それ以降は割とオーソドックスな展開になっていた思います。成り行きで潜入して何故か学園の目立つ人気者になり、そして数人の学生にはバレてしまう。

以外だったのはバレた相手が超ドSな女王様体質な娘だったこと。
この手のゲームにしては珍しいキャラで、大抵は最初から「異質なお姉さま」にドッキュン君にメロメロだぞ!な状態です。
でも彼女は敵対とは言わなくても、恋愛的な距離感が少し遠いキャラでこれは面白い要素かなと思いました。


以下余談ですが(個人的な作品の序盤分析です)。
こういうゲームにおいて学園生に対する「女装バレ」はかなり大事なイベントだと思います。
バレのパターンとしては、①最初から周囲に協力者がいる。②潜入後すぐにバレてその人物が協力者になる。③物語終盤までバレない
大雑把にこんなパターンになると思われます。

③の場合は結構な緊張感がありますが、主人公が高スペックで幸運、更に頭の回転も早い事が求められます。
今作の主人公君は残念ながら頭が少々足りなさそうなのですが、基本的には高スペックで幸運です。でも既に①②の条件を満たしているので、そもそも「バレ」に対する緊張感が薄く、またバレている人物に協力を申し出ているわけでもないので、物語全体がどっちつかずの、のんべんだらり~な展開になっている感じがします。

この辺りの中途半端さは、正直「制作側は何をしたいんだ?」と思う点。
「護衛対象を最後まで守り切る」ということが目的なのでしょうが、ではいざピンチになった時に何も大作がなく
、ご都合展開だけで逃れている、という風に見えました。
脱テンプレが嫌い、というわけではないですが、じゃあテンプレを外して別のことしているかと言われれば何もやっていないですし。

例えば序盤にあった身体検査のイベントなんかは、大した男の娘ゲー的トラブルもなく「何とか誤魔化した」の一言で終了させてますが、こんな形で省略するなんて言語道断。
ここは「恥を忍んで妹に協力求め、ギリギリでバレないドキドキの身体検査イベントを敢行する」のが正解でしょ!「何とか誤魔化した」の“何とか”が重要なんでしょ!?

・・・と、すいません。
なんか好きなジャンルの話になったらパトスが止まらなくなってしまいました・・・。



無理やり話を戻すと、このゲームポイントは「恋愛禁止令」になりそう。
体験版終盤であげは様がこの令に強い反感を覚えていたので、阻止する名目でナツキが会長に立候補して何故か当選でもすれば面白い展開になりそう―――って、これだとまんま『おとボク』ですね・・・

でも逆にそれ以外の要素が薄いのが痛いですね。
今や男の娘ゲーは珍しいジャンルでもないので(自分がやりすぎてるってのもありますが・・・)新作を出すなら、プラスアルファで何かウリをつくらないと厳しいんじゃないかと思います。
このままだと主人公が女装しただけであとは普通、なゲームになりかねないですし。



絵に関して。
まず「主人公が一番可愛い」という点はクリアされてると思います。GJです。

やっぱり主人公が一番…

そしてSD絵も可愛いです。ニヤニヤです。

ヒミツのオトメSD絵

そんなわけでさしたる不満はないんですが、苦言を呈するなら立ち絵でしょうか。
基本的には可愛い絵柄なんですが、

その顔は恐い

これとか目が全然笑ってないので、擬音すると「ニタァ」という音が似合いそうな顔に仕上がってます。怖い系の表情は普通なんですけど、どうしてこうなった?のでしょう。
同じ事は総じて他のキャラも言えることなので・・・メーカーさん、お願いだから口以外も笑わせてあげて下さい!



そんなわかけでざっとした感想でした。
買うか買わないかは「見送り」で「評価待ち」になるかなと思います。

まとめて言うなら、プロットそのものは悪くない。けどその中身については今一歩と思う展開が続く。終盤で持ち直しているけど購入に至るほどのインパクトはなく、キャラクタもこれといって刺さらなかった。SD絵に救いがあったけど逆にそこだけになる気がする。そんな感じ。

以上、全体的に上から目線で失礼しました。

スポンサーサイト

| ゲームの感想 | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ashidawohaitekubi.blog.fc2.com/tb.php/218-e6d4ddb9

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。