足駄をはいて首ったけ

PCゲームとか野球とか、そんな日常

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

月に寄りそう乙女の作法 体験版プレイ感想

つり乙タイトル

ということでNavelの10周年記念作品『月に寄りそう乙女の作法』の体験版です。
略称は『つり乙』だそうですが、本当にそれでいいのか・・・。
いつの間にか発売2週間前(自分的予約のリミット)が迫っていたので慌ててプレイしました。
「どうせ延期するだろ~」とか軽く思ってたので、このまま発売されたらフライング土下座です。

今回は途中までのプレイです(3時間半くらい)
元々買うことは決まってたので、特典をどのキャラにしようかという選定のためにプレイしました。OHPのキャラ紹介だけだと失敗することも多いですし。
ヒロインたちがひと通り揃って軽く会話すれば終了・・・と思ってたのですが、以外に揃うまで時間がかかりました。

※以下体験版ネタバレです。




最初の1時間は主人公が超絶ハイスペックで常識外れになるまでの経緯。
この感じで雄星君は某グリザイアみたいな変態主人公になるかと思いきや、「転生」で割と普通のキャラクターにジョブチェンジ。この辺がとてもネーブルらしいなと思います。

その後は周辺環境の説明と、ヒロインたちの登場。
ゲーム中の時間でいうと4月の表示が出たところでプレイ終了。

まあ、どのヒロインたちよりも、

朝日にキュン死

朝日(旧名:雄星)が一番可愛かったのは言うまでもない事です。
ネーブルさん、わかってるじゃないか(満足顔)
でもボイスがないのは如何なものかね(渋面)

そんなわけで主人公にボイスが無いこと以外は概ね期待通りでした。
次点でこの時点だと中ルナ様が気に入ったので、購入先はソフマップにすることに。

ストーリーは序盤も序盤で、幼少期の回想を除けば女装潜入ゲー的テンプレ展開でした。
その中でネーブル的な頭のおかしい個性的なキャラがいたり、お約束展開を組み込んだりと、メーカーのファンとしては好きなジャンルとのコラボを見ている感じがしてでワクワクしました。
その他は、

五行なずな酷使の現場

五行さん相変わらず大変そうだなー、とか。
背景と塗りが少し自分の好きな方に変わったなー、とか思いながらプレイしました。


▼以下雑談。
ヒロインたちの名前。「るな」「瑞穂」「あさひ」「湊」とかは、お歴々の女装ゲーからとったものでしたね。各ヒロインたちを知っているだけに最初は凄い違和感が・・・。

後これはこじつけっぽいけですが、調べてみたら「りそな銀行」は2003年誕生で9歳。「イオングループ」は2001年誕生で11歳。そしてNavelが10周年なので10歳。ちょうど間になります。
ゲーム中も、りそなが妹で衣遠が兄、朝日が間なのでいちおう並びは合ってます。
ちなみにこれを書こうと思った訳は、りそなが旧あさひ銀行を吸収した過去があったから。
他にも探してみると色々と小ネタがありそうです。

そして最後になりますが、起動直後のこの画面。

つり乙エンジン設定

記載されてることは正直意味不明でしたが、
とりあえず上から2番めの設定でも問題なく動いたし、家のノートパソコンもまだいけるやん!

スポンサーサイト

| ゲームの感想 | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ashidawohaitekubi.blog.fc2.com/tb.php/219-609f554a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。