足駄をはいて首ったけ

PCゲームとか野球とか、そんな日常

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

『あえて無視するキミとの未来 ~Relay broadcast~』プレイ感想


あえて無視するキミとの未来 ~Relay broadcast~あえて無視するキミとの未来 ~Relay broadcast~
(2012/11/30)
Windows

商品詳細を見る

[企画・原案] 瀬尾順
[原画] 風見春樹/タコ焼き/Riv/あおなまさお(SD原画)
[シナリオ] 瀬尾順
[ブランド] ALcotハニカム
[プレイ時間] 25時間
[発売日] 2012/11/30

ハニカム文庫から一段アップ(フルプライス)したハニカム新書です。
画像はスクリーンショット撮り忘れたのでアマゾンから(AAじゃないです)。

まず個人的な前提として、本作はアンケートモニターに応募して購入した作品です。
なのでOHPも体験版も知らない状態で始めました。
OPムービーは見ましたけど、事前の知識としてあったのはそれくらい。今までのメーカーのテイストと偶数作品としての期待を込めてプレイさせてもらいました。

最初に声に出したツッコミは「それ折返しちゃう!八木や!」だったと思います。


※以下本編ネタバレです。


▼そうだ、コントDVDの代わりにしよう(提案)
何のことやらという感じですが、まずキャラたちのコントが非常に面白かったです。
華麗に入れ替わるボケとツッコミ。何でもありのネタを問わない間口の広さ、そして(声域的に)下から攻めるツッコミ、声優さんたちの演技も相まって大いに笑わせて頂きました。そりゃあ帯も漫才部になろうというもの。

ただ逆に言えばそれがこのゲームの全てな気がします。良くも悪くも。
個別ルートもヒロインたちと付き合うまでは面白いのですが、その後のエンティングに持っていく過程が安っぽいドラマみたいで、結構な物足りなさを感じました。

理由は恐らく、他にあった要素「未来視」や「文化祭・青春」そういった、プレイ後にじんわりと体に染み渡ってくるようなテーマが薄かったこと。
ギャグネタの濃さに比べて、どうにもあっさりとし過ぎていました。

しかし話は戻りますが、瞬間的な「お笑い」としての力は抜群。仕事で疲れた時とか、元気だしたい時に、コントDVDではなくこのゲームをおもむろに起動する・・・自分の中ではそういう位置づけの作品になりそうです。


▼桐谷華の凄さを体感したお計さん
声優・桐谷華さんのことは、他作品やネットの話題などで知っていました。プリコレのラジオとかも聞いています。ただネット上でされてる絶賛ほど凄いとは思わず、ああ演技上手いなー、程度に思ってたのですが、今回の真鍋計ことお計さんの演技を聞いて印象が変わりました。
あーこの人凄い、センスの塊だわ、と。
上手く言えてるかわかりませんが、他の人にはない、独特の空気感や間のとり方を持っていて、一度それがキャラに嵌るとこんなにも破壊力が上がるのかと感じました。
彼女の言い回しで何度笑わされたことか・・・。

というわけで好きなキャラは計でした。コントを始めると呼称が真鍋さんと沢渡さんになったりする、主人公に対するスタンスが好みなのと、前述の桐谷さんの演技がキャラにマッチしていたように思います。
そう思ったらオナガーになってしまうギャップには、もう可愛いと悶えるしか無いじゃないですか!

妹ナナギーはどちらかというと非攻略で「何でこの娘が攻略できないんだよ!」と言いたいキャラでした。
激しい愛情表現もスルーされてこそ、そこに余白とより一層の業が生まれるわけで・・・。メーカーさん、「〇〇を攻略させろ!」は、褒め言葉なんやで!(力説)

そして一番笑った場面はやっぱり計ルートのオナガー発覚とその後のドタバタ。
あそこは「くるぞ・・・くるぞ・・・キタ━(゚∀゚)━!!」を肌で体感したシーンで、ここほど期待通りに事が運んで嬉しかった場面はありませんでした。



そんなわけで『あえて無視するキミとの未来 ~Relay broadcast~』感想でした。

今回グラフィック関連については特に言及しませんでした。
というのも直前に『ウィッチズガーデン』をプレイしているので、どんな演出も表情変化の多彩さも、どうしても不足気味に見えてしまう気がしたからです。ゆえにあれと比較しても勝負にならないということで省略しました。

あとプレイ中、全体なテイストが何かに似てるなと思ったのですが、ここにきて思い当たりました。『化物語』です。あの前半はギャグで押し切って後半急に真面目になる作風だったり、主人公はキャラ作りとしてボケているのか、それとも本気で変態なのかが段々読んでいるこっちも判らなくなる感覚とかが割と似ていると思いました。

だから何だという話でもないのですが、主人公が面白くこじれるとすべからく変態になっちゃうのかなー、って思ったりw

それではまた、次のゲームで。
スポンサーサイト

| ゲームの感想 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ashidawohaitekubi.blog.fc2.com/tb.php/248-f7b9c396

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。