足駄をはいて首ったけ

PCゲームとか野球とか、そんな日常

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

『幻奏童話 ALICETALE』プレイ感想

[原画] かんたか/佐々木直斗(SD原画)
[シナリオ] 小沢裕樹/馬場卓也/葵樹/杏仁みかん
[ブランド] GALACTICA
[プレイ時間] 30時間
[発売日] 2012/11/30

プレイは去年中に終了して2012年最後のプレイ作品になりました。
11月に購入した3本の中の最後の作品で、最後なだけあって期待値は申し訳ないですが一番下でした。(美味しい物は最初に食べる派)

このゲームには戦闘要素もありますが、体験版の感想にも書いたように、そこにはさしたる期待はしておらず、王道進行っぽいストーリーと世界観設定が気に入ってのプレイでした。

ネタバレに入る前に言うのであれば、1周目は気に入ったキャラorエリカで行った方がいいです。

※以下本編ネタバレです



▼話が長い
というのがまず頭に浮かんだ感想です。
ストーリーが厚いという意味ではなく、単に文章が冗長という意味で使っています。

全体的に過剰説明な地の文と無駄に話を繰り返すことによって、テンポが凄く悪くなってました。それでいて話に大した中身が無い。いやまあ、あるにはあるんですけど、会話の長さの割に出てきた情報が少量で、「その話、もっと短くまとめられたよね?」と思うことが多々。じゃあ会話自体が笑えるかと言われれば、残念ながらそんなことはない。

逆にその点を除けば好きな部分は多かったです。
キャラはかなり記号的ながらも、童話をモチーフにしているので相性は良かったですし、ストーリーも実に王道的で少年誌的なノリが多く、その辺はそこそこ期待した通りでした。
投げた要素(銀太が狼になった理由)も多数ありましたけど、個人的には許容範囲内・・・というか、他が酷いのもあって相対的に許せてしまった感じです。

なので、もうちょっと文章自体をブラッシュアップできてれば、もう少しいい感じになったのになぁ、と思います。そこが本当に残念。


▼2周目以降の作業感が凄い
大多数のエロゲは、途中で話が枝分かれして個別のルートに入る形式です。
ですがこのゲームは、メインの話がひとつあって、その間に個別のエピソードを挟んむというタイプ、言うなれば「サンドイッチ形式」です。
これのおかげで2周目以降の作業感がハンパなかったです。これはもう個別のルートではなく、ただのシーン回収でした。

私は最初にエリカエンドに行きました。(美味しい物は最初に食べる派)
そのせいかもしれませんが、でも、4回取ってつけたようなエンディングを見せられた後にメインのエンディングを見る・・・のも既に興冷めしてますし。

そういう意味で最初に、1周目は気に入ったキャラorエリカで行った方がいい、と書きました。

こういう構成ならハーレムルートも行けそうなのにそれもなく、せめて選択肢でイベントの有り/無しを選べるようにすればもう少し個別感が出そうなのに・・・

・・・と、これを言い始めたらキリがないですね。


▼バトル関連
少なくとも「大迫力の3Dバトル!」では無かったですね。
最初に書いたように戦闘にはさして期待してませんでした。体験版の時点から、レベル要素もスコア要素もなく、あまつさえ初回でもスキップもできてしまう仕様なので、もうそういうものなんだなという認識です。(実は製品版で改善されるかもと期待していたのは秘密です)

戦闘の中身としては紛うこと無きクリックゲーで、タイミングよくマウスの左右を押すことで、攻撃やら防御のアクションをしてくれます。

私は少しでも緊張感を出すべくHARDでプレイしました。
HARDはクリックの指示を見てから押していては間に合わないシビアさだったので、完全にタイミングの覚えゲー。それでようやくクリアした時の達成感が生まれてきました。ただパターンは決まっていたので、慣れてきた中盤以降はエクストラとサポートを縛ったりして、何とかギリギリ感を模索した感じです。
攻撃時3連撃以上禁止もやってみましたけど、作業になりすぎたので除外しました。

・・・と、そういった自分の中でのダレる/ダレない境界線を探すのが唯一の楽しみだったかなと思います。


▼その他一言
・デフォでボイスカットオフ機能付き
 →色々と言い方がありますが、要はクリックしても次のボイスまで声が続く機能。
  逆は多くともデフォで搭載されてるのは珍しいですね。
  でもこれより「次の選択肢or未読までスキップ」が欲しかったです・・・。

・えっちぃことは場所を厭わずその場で始めるアグレッシブさ
 →ここら辺にもツメの甘さが出ていた気がします。

・芳香が牧歌的すぎてもう。
 →可愛かった(小並感)ひたすら肉を与え続けてモシャモシャさせたいです。


▼最後のまとめ
このゲームの力を入れた点はアニメーションとバトルだと思います。
バトルはこの際置いといて、確かにOPアニメや変身シーンは「おおおおお!」となりました。が、それが披露されるのはゲーム中で1、2回。合計しても10分あるかどうかの事です。
それって結局、インパクトはあるものの「評価」というのを考えた時に大きい要素にならないんですよね・・・。私はそう考えてます。

ということで『幻奏童話 ALICETALE』感想でした。


▼おまけ:似てるなと思ったゲーム
『恋姫†無双』 戦闘要素のオマケ感が凄い似てる。あとNEXTONだし。
『翠の海』 これも童話モチーフ作品。こちらの方が童話とのリンクが強い。
『DEARDROPS』 会話長いなと思ったゲーム群。内容の差はお察しください。

スポンサーサイト

| ゲームの感想 | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ashidawohaitekubi.blog.fc2.com/tb.php/251-386f8d11

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。