足駄をはいて首ったけ

PCゲームとか野球とか、そんな日常

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2013/06/29 『KICKING NOISE TOUR2013・東京』感想レポ

NEC_0109.jpg

[日時] 2013/06/29(Sta) 17:00開場 18:00開演
[会場] 新宿LOFT
[料金] 4750円(前売り)+1D
[出演] milktub/ (ゲスト)ニューロティカ/山本美禰子&AYUMU
[天候] 晴れ/曇り
公式サイトへ

山本美禰子&AYUMUは、それぞれ山本アイネ&桐乃小島AYUMUという名義でのステージでした。

OVERDRIVE主催のイベントやライブには定期的に参加していますが、milktub主催のライブというのは久しぶりでした。
bambooさんご本人はちょくちょく見てますけど、売り子だったり列整理している姿が主だったので、なんだか真面目に歌ってる姿って珍しいなーとか一瞬思ってしまいました。
この考えは改めようと思います。



会場は新宿LOFT。
プラスワンの方にはもう十数回は遊びには行っていますが、本家ライブハウスの方は初めてでした。

会場の印象は「誘導が手馴れている」「柱がある」「ステージが低め」

柱はそんなに問題はないかと思いますが、ネックになりそうなのはステージの低さ。
ステージ側の身長にもよりますが、前方が密集状態になるとほとんど肩上くらしか見えなくなります。特に今回場合ほとんどが男性客でしたので、数少ない女性客の方々は大変そうでした。

でもそれを除けば、ライブスペースの広さや隣に行けばバーカウンターがある点なんかは魅力的。ライブ目的ではなく普通に飲みに行ってついでにライブを見る、というのもいつかやってみたいと思いました。

ということで、会場の感想はここまでにして、ライブの感想を。


▼ライブ本編、ハイライト的感想

・順番は、ニューロティカ、山本アイネ&桐乃小島AYUMU、milktub
→ゆえに男衆に挟まれた山本美禰子さんがステー上でマジ天使に見えました。

・長さは1h、45m、1h強、+アンコールで、21:20くらいの終了。

・ニューロティカは初見。
・歌う姿はロックバンド、MCになるとは飲み屋のおっさん。このギャップには痺れました。
・でもyoutubeを漁ってみると、20年前のニューロティカも見てみたいなと。
・「ロックンロール風俗バート2」、新宿で聞くとひとしおでした。

・山本アイネ&桐乃小島AYUMUは5/5の対バンライブぶり。
・初っ端の「BOW Peep!!」は何度聞いてもいい曲
・そこからの「さよならの奇跡」の流れは鳥肌。
・竹神様にソロライブをお願いの流れ。もうホント見たいっす。

・milktubは「EverGreen」「Like a Green」からのスタート。セコい(直球)。
・「有頂天人生」「NO THANK YOU」が初聞き。曲の発売後だと更に盛り上がりそうな予感がしました。
・「甘えん坊将軍」でAiRIさん抱き枕を持ち出す。
→その上でAiRIさんご本人を客席最前列に召喚。
→枕をぺろぺろする度にAiRIさんから上がる絶望の悲鳴
・という実に酷いワンシーンがありました。でも自分は近くでAiRIさんを見れてホクホクでした。

・アンコールはジッタリンジンの「夏祭り」珍しいものが聞けました。


一番の出来事はやっぱり「甘えん坊将軍」のくだり。
それまでの小さい笑いが一気に吹き飛んでしまった感じです。
鬼瓦権蔵先生(漢字は適当)も、まだやってたんだと思いながらもキャラやリアクションにお馴染み感が出ていて、実際久しぶりだった私も、なんだか懐かしい気持ちになりました。

あと「ロックンロール風俗」があったのだから「ロックンロールエロゲ」もやるのだろうか、とちょっと期待していました。
よく知らないですけど、こういうカバーって対バンだと逆にできなものですかね?



ということで色々書きましたが、とりあえずは「楽しかった!」の一言に尽きます。
客席側のマナーも悪くなかったですし、圧縮に過ぎる点は気になりますが、逆に言えば気になるのはそれくらいでした。
やっぱり客席側がちゃんとしてるとライブの満足度も違うなと思います。自分も気をつけなくては。

そして一番欲求としての残ったのは「CaSの曲をもっと聞きたい!」でした。
こればっかりはもう声を届けるしかないです。
ソロライブ、いつかやってほしいなぁ。

スポンサーサイト

| イベントの感想 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ashidawohaitekubi.blog.fc2.com/tb.php/301-5882142b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。