足駄をはいて首ったけ

PCゲームとか野球とか、そんな日常

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

夏アニメ楽しんでます

久しぶりにアニメ感想書きます。前クールは個人的にハズレが多かったというか、ちょっと好みじゃないのが多かったのでそこはスルーして、現在放映中のアニメの雑感です。


▼有頂天家族
久米田先生のキャラデザとあの内容ですから、好みはキレイに別れると思います。絶望先生終了以来、あの絵を見る機会が少なくなっていたので、何だか懐かしい気持ちにもなります。
私は全体の「日曜に見るのがしっくり来る感」にハマってしまった方なので、なるべくリアルタイムで見るようにしています。

▼銀の匙
ノイタミナ枠。土日の朝とかにやってるほうが自然に感じる内容で、番組の最後にちょっとだけ出るテロップに自然の厳しさというか、切実さを思い知らされます。原作買いたいなーと思ってしまう面白さと、続きの気になり具合が上手く転がされているなと思います。

▼〈物語〉シリーズ セカンドシーズン
原作はセカンドシーズンまで読了。ゆえに映像面での楽しみが主になりますが、そこに中心に視聴するとシャフトは健在だなと思います。会話劇な分、時間が30分だと物足りなく感じるところがあって、昨年末に2時間でやってたああいうやり方が見てる方としてはベストじゃないかなと感じました。

▼きんいろモザイク
まんがタイムきらら枠。一話目の演出が特に好きです。内容的にはそこまでツボではないですけど、ストーリーが(他と比べれば)それなりにあって、かつきらら枠特有の癒し感が全面にでているのがグッドです。

▼恋愛ラボ
原作者の別作品を読んでいたので視聴。ただそちらに慣れていたので、この人のギャグって男キャラがいてこそかなー、と思いながら見ています。(男だから言えるエグさが足りないかなと)
ただ絵とか声優陣とか、全体の完成度自体はめっちゃ高くて目を見張ります。
「らぶらぼ」と発音すると去年どハマリした某エロゲとかぶってしまうのが目下の悩みです。

▼帰宅部活動記録
『恋愛ラボ』を見た後だったので、一話目を見たときは「これは・・・・・・」と思いましたが、以降は上げ基調。
脚本の微妙なネタと声優陣の微妙な演技力なに妙な魔力を感じて(激しく褒め言葉)、それが段々とクセになってきました。
キンキンな電波ソングが段々と耳に染み付いって忘れられなくなる、あの感じに似ているなと思います。頑張れ日ナレ。

▼たまゆら~もあぐれっしぶ~
安心のサトジュンブランド。1期から引き続き楽しませてもらてます。ARIAを見ていた頃と比べるとちょっとだけ説教臭さを感じることもありますが、これは自分の見方が変わったのが主だろうなと思います。
新キャラの持ってるカメラがこの前自分の買ったカメラと同シリーズ(PENTAX Q らしいです)と知って草不可避状態でした。これ持って竹原に行くのか・・・!

▼空の境界
原作は結構前にノベルス版で読み、それ以来だったので懐かしさにかられて録画。内容が既にぼやっとしているので、「ああそうそう、こんな話だった」と思い出しながら見ています。
荒耶宗蓮の登場時にはなぜか笑いが止まりませんでした。中二病アレルギーでしょうか。
そして当時のことを思い出し、まだ手元にあったメルブラを再インストールしてしまう愚行に着手。




ということで全8作、どれもこれもそれぞれに面白いと思えるので久々に「当たり」のクールだと思います。
『帰宅部活動記録』と『恋愛ラボ』は女子オンリー系のギャグ作品としていろいろな意味で比較できて面白いですし。
『たまゆら』と『きんいろモザイク』は、日常系作品でありながらそれぞれプラスの要素がみえ、且つほっこりとさせてくれる作品。

9月末にまた感想をかけたらなと思います。

スポンサーサイト

| アニメの話 | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ashidawohaitekubi.blog.fc2.com/tb.php/313-53284889

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。