足駄をはいて首ったけ

PCゲームとか野球とか、そんな日常

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

広島旅行記その5 尾道・かみちゅ!聖地巡礼編(後)

2013年の8/10~13にかけて巡ってきた広島の旅行記です。全体は以下の通りです。

『広島聖地巡礼記』
その1 竹原・たまゆら聖地巡礼編(前)
その2 竹原・たまゆら聖地巡礼編(後)
その3 竹原・たまゆら聖地巡礼編(延長戦)
その4 尾道・かみちゅ!聖地巡礼編(前)
その5 尾道・かみちゅ!聖地巡礼編(後)←この記事です。

※タイトルは一応『聖地巡礼』としていますが、本記事にアニメと同カットを狙った写真は少ないです。
そういうのをお求めの方は、是非このあたりのサイトをご参照くださいませ。私も旅行前の参考にしました。



ということで、その5は、尾道のかみちゅ!聖地巡礼編の後編です。
個人的最重要プレイスだった「来福神社」と「ゆりえ様邸」に行きます。




▼艮神社、御袖天満宮

山登りの後は、いよいよ最重要プレイス一つの「来福神社」へ。

IMGP0548.jpg

まずは本殿のモデルになった「艮(うしとら)神社」
隣の大木も印象的に残る凄い大きさでした。

IMGP0623.jpg

IMGP0609.jpg

そして外観のモデルになっている「御袖天満宮」
2枚合わせてOPのアレです。ここの写真はアングル合わせ頑張りました。

IMGP0631.jpg

境内は意外と狭かった印象です。


▼ゆりえ様邸へ

そして最後にゆりえ様邸へ。
この時間帯は暑さと坂道歩きでかなりバテてきてました。

IMGP0642.jpg

IMGP0647.jpg

この辺りは最終話の自転車二ケツのシーンですね。
今だったら二ケツシーンにテロップ付いちゃうんだろうなぁ・・・。。

IMGP0654.jpg

そしてゆりえ様邸へ到着。
もう思い残すことは何もない・・・!という感じでした。

ただ家は今も一般の方が住んでいらっしゃる民家ですので、静かに撮影させてもらいました。



▼海側を歩く

尾道駅への帰りは海側を歩いて帰りました。
時間は18時頃。日が傾いてたので夕暮れの景色が見れたのはラッキーでしたの一言です。

IMGP0660.jpg

満足感と疲れから写真は撮る気力が薄れてきて、かろうじて写真に収めたのがこの突堤と、

IMGP0664.jpg

渡船フェリーの入り口。

この渡船、休憩がてら作中でいつも釣りをしている神様たちのごとく、足をぶらぶらさせながら見守ったのですが、とにかく休みなく動いていました。

人も車も自転車も乗り合いで、出発間際に駆け込む人の姿を見るとベネチアのトラゲットのイメージが頭をよぎり、正しく「市民の足」なのだと実感しました。



▼感想
ということで、尾道・かみちゅ!聖地巡礼編も終了です。
尾道は竹原とは違ってアニメとタイアップはしていない、というよりもする必要がないくらいの観光で成り立っている街でした(そもそもアニメ本編からは8年になりますし)。
写真は載せていませんが、文学のこみちや小さい店の数々は非常にマニアックながらも、そこそこの人を集めるには良い材料なのではではと思いました。
何よりも風景の一つ一つが同じ国かと思うくらいに故郷の海無し県とは異なるものでしたし、それにより次第に聖地巡礼が二の次になっていくのも良かったです。
個人的にも本来的な聖地巡礼は「観光のついでにあるもの」だろうと思いますし、今度は巡礼抜きで瀬戸内海の島々を巡ってみたいと思いました。


そんなわけで竹原・尾道と記事にしてきた聖地巡礼旅行記シリーズも今回で終了です。
広島は他にも、市内の宮島・平和記念公園や呉市を回ってきて、とても楽しい旅行になりました。記事には・・・まあ、面倒なのできっとしませんが。


次からは、いつものエロゲ感想ブログに戻ります。
スポンサーサイト

| 雑談 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ashidawohaitekubi.blog.fc2.com/tb.php/318-5f55b340

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。