足駄をはいて首ったけ

PCゲームとか野球とか、そんな日常

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

劇場版『まどか☆マギカ』見てきました


正式タイトルは『劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語』

昨日は「埼玉県民の日」で映画が1000円ということもあり、平日なのに会社帰りに鑑賞してきました。

自分にしては珍しい思いつきの映画鑑賞でしたけれども、ネタバレされない内に見れて良かったなと切に思います。

ということで、以降はどんな事を言ってもネタバレになりそうので、
これ以降は全てネタバレです。


※以下ネタバレです。




感じた印象は「エロゲのFD」に似ているな、と。
単純な続きではなく、こういうのが見たかったというシーンを満載すること。
そしてそんな単純なハッピーエンドは無いと後半にはそれをポッキリ挫折させるところとか・・・。

巧いと思ったのは、中盤まである程度予測できる展開にさせていること。
これもエロゲFDっぽい構造かなとも思いますし、予測を離れてからの展開は、イヌカレーさんの映像美も相まって引きこまれ具合が半端無かったです。


しかし一歩離れてみると、これを蛇足とか余計と感じる人もいると思います。
斎藤千和さんが「賛否両論」とおっしゃられた(らしい)ことにも納得で、確かに正当な続編ではない分、「有っても無くても」という感想に収まる人もいるのではと思います。

なにせほむらがああなってしまいましたし、ね・・・。

でもそういう、100%ハッピーエンドにしないで絶妙に続きのフラグや賛否を残すところが憎らしいまでに素敵ですし、何度も見たくなる話になるんだろうなとも思います。




また個人的には「二次創作にどれだけ足を踏み入れているか」
でも、感想が大きく変わるのかなとも思いました。

例えば私のように大して興味のない人間にしてみれば、上記のような「エロゲFD」「あくまで別エンド」みたいな感想に収まって。

二次創作を買い漁る消費型の人にしてみれば、「公式がこっちの流れを汲んで足を踏み入れてきた」「私は○○が好きなのに余計なことしてくれやがって!」というような感想が出てきて。

二次創作をしている人にしてみれば、「流れを汲んできた上で挑戦状を叩きつけてきやがった」「そこは公式のやる領域ではないでしょうに・・・」と感じる部分があるのではないでしょうか。

勿論、人によって感じ方は千差万別ですけれども、
少なくとも私は本作を挑戦状はと思いませんし、杏さや(さや杏?)のベタベタっぷりには、間にシナリオにはない「何か」があるのだろうと思わせました。

で、何が言いたいかといえば、

『人気コンテンツは伸びる矢印の数が違う!』

映画館で「わけわかんねー」と呟いていた若い子も居ましたし、
親子連れの家族(!?)も居たりしました。

だから上記のような事を考えずにただ頭を空っぽにして目の前の話を楽しむのも、ひとつの方策というか才能なのかもと思いました。



▼以下小ネタ

IMGP1508.jpg

入場者特典の35mmフィルムカット。
これ、どこの場面なんですかねぇ・・・。



『劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語』 長編予告

映画視聴後に長編の予告見ましたけど、ミスリード具合が凄いですね。
思わず笑ってしまい
スポンサーサイト

| 雑談 | 20:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ashidawohaitekubi.blog.fc2.com/tb.php/339-d622e6ca

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。