足駄をはいて首ったけ

PCゲームとか野球とか、そんな日常

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

『いろとりどりのヒカリ』プレイ感想

IMG_3817.jpg
[原画] 司田カズヒロ/GT/なつめえり/CHANXCO(SD)
[シナリオ] 漆原雪人
[ブランド] FAVORITE
[プレイ時間] 約40時間
[発売日] 2013/07/26 (WORLD'S END COMPLETE 発売日)
[ES点数] -

購入したのは『WORLD'S END COMPLETE』というFD同梱版です。
某ブラウザゲームを始めた影響もあってか、気づいたら終わるまで4ヶ月くらいかかっていました。途中放置していた期間が長かったです。

FDというよりは、続編と言ったほうがしっくり来る話でした。
なので正直、後半はかなり蛇足に思う部分が多かったです。
『セカイ』が、かなり好きな作品であっただけに、今作は例えるなら完結編にしようとして余計な肉が足されてしまった感じ。

もちろん「本編の説明不足を補った」とも言えるのですが、そういう説明をしないのが『セカイ』の良さの一つだと思っていたので、その点は残念でした。



では以下は、『ヒカリ』の良いとこ探し。ということで。
好きなのは加奈や澪のアフターストーリー。FD的サービスとテーマの重さのバランスが私の好みでした。
加奈のエロいシーンは非常にお世話になりましたし、その後の反動のように訪れる重い話は、後ろからハンマーで殴られたかのような衝撃でした。
「笹食ってる場合じゃねえ!」というネタが有りますけど、正にあんな感じ。
ちょっといいすぎかもしれませんけれども。

また加奈に限らず各ヒロインの挑むテーマは、普段美少女ゲームではお目にかからない、もっと言えば避けられるようなテーマでした。
それだけにどうやって美少女ゲームとしてヒロインたちに結びつけて話を持っていくのか、その点は気にしながら読み進めました。


システム面は本編同様使いやすくて快適でした。
音楽とボイス(声優さんの演技)も秀逸。やはり基本的な部分の点数は高いです。
ヘッドホンプレイでしたけれども、加奈ルートのクライマックスや、真紅の泣き演技には胸につまされるものがありました。
真紅というキャラ自体はそんなに好きではないのですが、最後までスキップなしで読み進められたのは、その演技があってこそだったと思います。

ただ結局、本作は後半部分があってもなくても良かったかなー、とプレイ後に思ってしまったので、こういう感想にと相成りました。
プレイに時間がかかった理由も、もしかしたらそこにあるのかもしれませんね。


(ErogameScapeには、後日両方の感想をまとめて感想を上げたいと思います)

スポンサーサイト

| ゲームの感想 | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ashidawohaitekubi.blog.fc2.com/tb.php/360-b2c59bb7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。