足駄をはいて首ったけ

PCゲームとか野球とか、そんな日常

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

『フレラバ ミニファンディスク』プレイ感想

フレラバFD

C86で発売した『フレラバ ミニファンディスク&フルサウンドトラック』の、ミニファンディスクの感想です。

もう通販も始まってますが、いちおう先行入手なのでネタバレがないように感想を書いています。何かのご参考にどうぞ。





あくまでも“ミニ”ファンディスクなので、内容もあまり過度な期待は抱かずに、本編のおまけくらいに考えておいたほうが無難です。
(なにせゲームディスクがCD-ROM!)

ボリュームは初期設定のオートで1時間弱×4人分で、内訳は会話とエロシーンがおおよそ半々。
ヒロインとのマンツーマンで最後まで話は進み、メイン以外のサブキャラたちは、名前くらいは出てきますけど表には出てきません。

内容は“これぞファンディスク!”といった感じのイチャコラっぷりで、特に本編序盤なんかを思い出すと、どのキャラもそのギャップについニヤニヤ。貴女たち本当にチョロくなりましたねぇ、としみじみ思いました。

また安定のギャグ要素も健在。短い中で隙間は少ないですが、本編とメーカーの色を存分に出したエピソードに仕上がっています。

終わってみるともう本当にあっという間で、一定の物足りなさは感じます。

けれども『フレラバ』は主人公とヒロインの距離感をテーマにしたラブコメでしたから、『同棲ラブラブル』みたいにひたすらイチャラブに走るも違う気がしますし、だからといってサブキャラ攻略に走ったらディスクを叩き割っていたでしょう。(比喩表現)

そう考えると“FDってこのくらいがいいのかも”と思います。
短いですがサントラとセットにすることでそこまでの割高感は感じませんし、作品好きとしては久々に世界観に触れられてよかったと思いました。

ということで、この僅かばかりの投資がSMEE新作の糧となることを祈りつつ、感想おしまいです。



▼以下チラ裏

・プレイ順は、理奈→ゆずゆ→岬→陽茉莉
 美味しいものは先に食べるタイプです。

・サントラには未使用曲が無タイトルであります。
 せっかくなのでフィーリングでオリジナルのタイトルをつけたら、
 会社の先輩に「お前の中二病は酷いものだ」と、呆れ顔をされました。

この絵!ごっつエロい!!(これだけネタバレ)
スポンサーサイト

| ゲームの感想 | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ashidawohaitekubi.blog.fc2.com/tb.php/384-03f9bc39

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。