足駄をはいて首ったけ

PCゲームとか野球とか、そんな日常

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

艦これ不定期報告37【2015春イベEO,感想】

2015apr_EO.png

前回記事からの続き。
艦これ2015春イベント【発令!第十一号作戦】の報告も今回で最後になります。

マップ制覇後は、イベント恒例の「レア艦掘り」の時間です。
狙いは山雲か矢矧、おまけでまるゆだったのでE5を選びました。



1:A勝利 隼鷹
2:S勝利 利根
3:S勝利 霧島
4:大破撤退
5:大破撤退
6:S勝利 金剛
7:大破撤退
---------潜水艦編入---------
8:S勝利 比叡
9:A勝利 山城
10:S勝利 日向
11:S勝利 北上
12:S勝利 衣笠
13:S勝利 金剛
14:S勝利 山城
15:S勝利 霧島
16:S勝利 球磨
17:S勝利 最上
18:S勝利 最上
19:S勝利 比叡
20:ボタン押し間違い撤退
21:A勝利 球磨
22:S勝利 比叡
23:S勝利 矢矧
24:A勝利 木曾
25:A勝利 利根


てなわけで、潜水艦編成の情報を仕入れて途中から組み込んだら見事な安定っぷりをみせました。やっぱり艦これは運ゲーでもあるけど、それ以外の要素も大きなファクタを締めているなとしみじみ。


2015apr_drop(1).png

戦果の方はイベント終盤の23回目で矢矧をドロップ
「かつてない濃厚なラインナップ」からはや1年半以上、大型最低限でも全然出会えなかった矢矧とようやく出逢うことが出来ました(*´∀`)

あとは武蔵くん、キミが欲しいんだ・・・!




▼イベント振り返り

つーこってイベント終了です。

今回も序盤は攻略情報は見ずに進んだのでE5までの手探り感は楽しかったです。E3ではやらかしちゃいましたけど、リカバリーできる戦力は整っているので、イベント攻略そのものにもはっきり余力が出てきていると思います。使わなかった高レベル艦もけっこういましたし。

今回は、E6のRoma、U-511、酒匂、他にも高波、磯風、雲龍などがドロップすることを考えると、掘りの難易度を凶悪化したイベントだったように感じました。
前回のイベント【迎撃!トラック泊地強襲】が、通称「トリプルダイソン」という最終マップ最終編成の難易度を凶悪化したイベントでしたので、同じ方向でこれ以上はやりすぎになると判断したのではないでしょうか。
(そう考えるも今後「お仕置部屋」や「ゲージ回復」の復活はなさそうに思えてきます)

そんなラスダンの難易度低下に象徴されるように、出撃回数も激減で最高がE-5の15回出撃でした。個人的な記録が14年夏(AL/MI)E6の34回なので、いかに苦戦しなかったかが伺えます。

では今後何で難易度を上げるのでしょうか。
私は前回のイベントで甲乙丙ができたからには「ゲージ回復」の復活もありうる、と思っていたのですが見事に外れました・・・。
なので話半分になりますが、予想するのは「難易度別のルート固定編成の変化」敵の強さがインフレ気味ならば、こちらを弱くさせようという発想です。例えば丙なら戦艦3で行けるけど甲だと戦艦2でないと逸れる、又はいつかのあきつ丸みたいに秋津洲がルート固定に必要になるみたいな。
そういう面倒なマップが中盤のE4やE5にあると盛り上がるのではないでしょうか。



2015apr_drop.png

最後に今回着任した艦たち一覧。これだけ多くの報酬・ドロップがあったイベントは初めてだったのでかなりテンション上がってます。

じゃんじゃんレベリングしたいのですが、しかして勲章の数が足りません。
いや正確にはあるんですけど五航戦改二用にとっておくと足りないのです。
なので今月と来月は積極的に5-5までクリアしていきたいと思ってます(現在引越し準備中、3-5すら未着手)

ひょっとしたら5-5はE-5,E-6より辛いかもしれませんね(苦笑

スポンサーサイト

| 艦これ | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ashidawohaitekubi.blog.fc2.com/tb.php/408-8fb72739

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。